白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

お狐さま 

お狐さま

とっても凝った作りで、足の裏の肉球までしっかりありました。


+++

仮免取って来ました。
教習所では明日から早速、路上教習startです。
さらに原付にも初乗り。応急救護の学科も受けて来ます。
わーい。盛り沢山!

予備校もあと数日で始まります。
これから忙しくなりそうなので、今後、今までより更新頻度も下がると思われますが、
パソコンを開いた時などに時間を見つけて、
ちょっとずつでも更新していけたら良いな、と思っています。

この記事に対するコメント

いまのねこさんにとって
何がいちばん大切かを忘れないようにね。
DNAのらせん構造を発見した、ワトソン博士にあったことがある。彼は世紀の発見をしたころも、テニスとかいろいろやりながら、メリハリのある生活をしていたといっていた。
真似しろといってるんじゃないよ。じぶんの時間をムリ・ムダなく使おうねということ。がんばれというのはすきじゃないけど、頑張って。受験までの約1年を上手に使い、まずは健康管理も大切にね。
ぼくのコメントにはむりして返事は煎らないからね。

asobo #HfMzn2gY | URL | 2009/04/04 02:40 * edit *

メリハリ

何がいちばん大切か。

絶対に忘れないと思っていても。
見えなくなってしまっている時には、いつの間にか…見えていないのですよね…。
(ミイラ取りがミイラに…のように。。)
安易にとらえず…念頭に置き続ける心掛けを、常にしていく必要がありますね。。

了解しました。
お返事は、むりしません。

…でも、ふだんも。もちろん、今も。
むりしてお返事している気持ちは、まったくないのです。
(ので、その点はどうぞ、安心なさってくださいね。
私は、できるときにしか、お返事はいたしません。)
ただ…、書きたくて。書いてしまうようです。
書いているうちに、初めて気づけることがあったりすると…それがまた、新鮮で。

けれど、自覚はなくても、むりをしている時だって、もしかしたらあるかもしれないので、
もうちょっと自分でも意識して、気をつけてみようと思います。
お言葉に甘えて、むりはしません!
よろしくお願いいたします。

それと…かの James Watson に…!!!!!!!!!!!!!!!
びっくりし過ぎて、一瞬言葉が出てきませんでした。
あまりにも著名な方だから…驚いてしまって(゜゜)
(生物では無論のこと…彼の発表した英文が英語の講習内で扱われた時もありました。)
模倣はできなくても。学ぶこと、たくさんありそうです。
メリハリ。
私の重要課題の、外せないひとつです。

うまくまとめられませんでしたが、頑張ります。
まずは、考えつつ、行動してみることにします。

さくらねこ #mgLk9fb6 | URL | 2009/04/04 23:50 * edit *

はい、James Watsonに京都のホテルで取材しました。
会う前は、気むずかしい方だから そそうのないようにと厳しくクギをさされて緊張しましたが、彼の方からぼくに「きみが私にいちばん聞きたいことはなんですか?」と声をかけてもらって感激しました。彼と通訳、日経サイエンスの編集長、宝酒造の社長、そしてぼくとカメラマンだけの部屋。彼が東京に来て後援したとき、覚えていてくれて、手を小さくふってウインクしてくれたときはさらに感激しました。
研究もねっしんにしたけど、心とカラダをいたわる努力もキチンとしていたなんて素晴らしいよね。ねこさん、心をくつろがせるゆとりをわすれないでね。

asobo #HfMzn2gY | URL | 2009/04/05 00:39 * edit *

〝心をくつろがせるゆとり〟

うわー!!!取材は京都のホテルだったのですね。
私はてっきり、外国でお会いされたものかと。
それでは、ワトソン博士は来日なさっていたのですね。

ひゃ~@ 私は遠くで拝見するだけでも緊張しちゃいそうです。
すごい!!生声ですね!!
しかも、後で東京でウインクまでしてくれたなんてΣΣ
気むずかしい方だから…とクギをさされたとasoboさんが仰っていらしたから、
博士はそのような方なのかと思いつつ読み進めていたのに、
後半のエピソードが明るくて、嬉しい方向にうらぎられた気分です。
ホントは気さくな方なのかな?!と感じてしまいました。
その時の場面を想像するだけで、ぞくぞくしちゃいます。
素敵ですね…!!貴重なお話を聴かせていただけて、とっても嬉しいです!

それに、研究に没頭して我を忘れてしまうこともなく、
しっかりと心身の健康も、自らコントロールして。。

教科書や資料集には、私生活に関することはひとつも書かれていなかったけれど、
偉大な研究者とて…一人の人間であることに違いはないのですものね。
あれほどの業績を残されたのも…まずは、人間として、
基本的で大切なことを軽視せずに、心がけて実行していたからこそなのかな…
と…思いました。

〝心をくつろがせるゆとり〟
ゆとりだって、自然に生まれるものでは、ないのですよね。
忙しいときこそ。自分で作るようにしていかなきゃ…埋もれてしまう気がします。
ぁ。なんだか、ちょっと書きたいことが思い浮かびました。
それは、ひとつのエントリにして書こうかな。

asoboさん。大切なこと思い出させてくださって、感謝です。

さくらねこ #mgLk9fb6 | URL | 2009/04/06 15:31 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuraneko13.blog109.fc2.com/tb.php/823-10bcbc2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。