白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

情報 

冬朝
                                               2009.1.4
夜が明ける。 今日が来る。


ついばむ。

gradation






600ml  +100ml

+ 100ml って結構多いんですね。
なかなか飲みきんない。
+ リポビタンD一本分。てことか。
だいぶたっぷり入ってる感じ。







今回の講習の中で、考えさせられることがありました。


今まで疑うことすら考えずに信じ込んでいた情報が、
まったくのウソっぱち。
であったと知るのは どんなことでも、
少なくともかなりのショックを受けるはずです。

実際、昨日、
私は何年も信じ込んでいたことが全くのウソであったことを知り、
少なからずのショックを受けました。

でも、そんなことは、実は
自分が思ってるよりもっともっとずっと沢山ある。
そうも感じます。

知らなくたって何ら、大したことはないことも
中には、確かにあるとは思います。

けれど、それだけでは済まないことは
知らないままで構わないことより、
溢れかえるくらい膨大な多さで存在しているんじゃないか。
そう思えてなりません。

だからその分、〝事実〟を知ってショックを受けることが
これから幾度もあるだろうと思うのですが、
それでも、そのショックを拒絶し、
真実に盲目な振りをすることはしたくない…
知ろうとする姿勢に怯えたくない…

書くことならできても、
果たして実際に、直面したその時。
どうするか。
それはその時にならないと確かめようもありませんが、
せめて心構えは作って持っていなければならないように感じます。



これらのことはまた、
改めて。自分の中でじっくり考える必要があると思います。

早く、知らなきゃいけないことが、
ありすぎることを痛感しました。


忘れたくない、忘れてはならないことだと感じたので、
書き留めておきます。


trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。