白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

季節+心 

秋雨

専門的には、季節の変わり目(の季節)は
「人が問題を内在化しやすい季節」 なのだそうです。
(その対処法としては、問題を「外在化」させるのが新しい技法であるとか。)
                     (Z会情報誌10月号の心理学コラム より)

そういえば、「愁」 の字は 「秋の心」 と書くんでしたね。

秋+心→「愁」 うれい       ⇒心細さ
春+心→「惷」 おろか。うごめく。⇒ずっしりと重い心
夏+心→ なし
冬+心→ なし

上の2つしか漢字は見つからなかったのですが。
本当に下の2つには当てはまる漢字はないのでしょうか。
(日本にないだけで、中国の漢字にはあるとか…? )

でもこれが正しいなら…これも、先に挙げた文の
ちょっとした裏づけになりそうですよね。

「春+心」は、うきうきした気分かと思いきや、実はまるで逆の意味。
んー…興味深い。。

季節の変わり目の穏やかな気候では、
夏や冬の気温が極端な季節よりも、外部環境からの身体的な面への
影響が緩和されて、その余った分の影響が、
内面の方へしわ寄せとして表れて来ちゃうんでしょうか。なんて…。

ともかく…秋が淋しいのは必ずしも気のせいだけでもないみたいでした。
なるほ。

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2008/10/01 01:18 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuraneko13.blog109.fc2.com/tb.php/753-f484788f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。