白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

法と正義 

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


朝の通学電車内。
降車する終点駅の手前で、脳裏が最期の朱に染められる。


やりきれない。

理解…はしても…納得…できず。…釈然としない。
つぶれる心臓を持て余しながら、虚しい気持ちで改札への階段を上った。

***

5年前に『週刊朝日』で連載され、4年前に単行本(朝日新聞社)刊行。
そして今年5月の文庫化(角川文庫)に至る。

犯罪被害者の絶望と復讐心を軸に、
一般の人々の思考と行動についても考究された、
読者に波紋を投ずるテーマ。

(※ちなみに、筆者によると
本書と反対の視点である犯罪者側の家族の苦悩を書いたのは『手紙』。
ひとつの問題に対し、
(「原子力発電の是非」と「少年犯罪」(本書)という内容の違いはあれ)
様々な立場にある一般の人々の動向に焦点を当てるという、
本書と共通する試みをした作品が『天空の蜂』であるとのこと。)

***

法治国家日本。
法は何を守る。

社会に出てすらいない私に法を語る資格はない。
国家を語る権利もない。

だが語れずとも、考えることを放棄してはいけない。
考えることから逃げてはいけない。
これはフィクションである。架空の事件である。
しかし、フィクションではない。現状の、リアルな今。に他ならない。

遠い。出来事では…決してない。
認識できようが、できまいが…。

***

筆者は、答えを与えない。
あくまで読者が「考える」点に重きを置くのが、狙いであるように。

読了直後、結末の空しさにしばらく漂うような心持であったが、
少し時間を置いて落ち着いて顧みれば、あるべき結末であったように思われる。
すべて納得のいくラストなら、
読み物としての面白さは満足感を持って得られるはずだが、
本書はそれとは別の位置に意義があろう。

満足感に終着するなら、問題提議に意味がない。


私は、考えねばならない。
分からなくとも。
見つからなくとも。


そして、ひとつの答えらしきものに辿り着いたとしても、
そこに安住することなく、
考え続けねばなるまい…。





…それでも。自分の大切な人が
取り返しの付かない仕打ちをうけることがあるならば…
私は、本心に抗えないだろうと、否定できずに感じつつ…。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuraneko13.blog109.fc2.com/tb.php/717-d1bd88b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。