白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

命鳴 イノチナク 

予備校での授業中も、ひっきりなしに蝉が鳴いています。
地上に出て一週間で死んじゃう。
一生懸命鳴いているんだと人間は勝手に解釈したりするけれど、
蝉は何も考えてないのかもしれない。
ただ、鳴く。ひたすら、鳴く。死ぬまで、鳴く。
耳にしている鳴き声は断末魔かもわからない。
でも鳴いてる。今、生きてる。



隣の小さな八幡宮。
帰りに階段上って。蝉時雨を浴びて。


(音量大きめにすると、水の音が聞こえます。)



(上の動画2つ同時に再生すると耳が。
※たまに、うまく表示されない時があるようです。)


蝉時雨につられ

階段下りて。
曲がり角のタリーズで食料調達して。去りました。

日の光りで皮膚が火照る。
少し焼けたかも。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuraneko13.blog109.fc2.com/tb.php/714-2c04204b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。