白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ギアチェンジ 

夕方、眼科に行って左目のコンタクト(ハード)を交換してもらいました。




先々週、両目のコンタクトを受け取ってきたのですが、
どうも左目の視力が合っていない…?(ノ_+;)

ようなので。
先週、作り直してもらいました。

そして、新しいコンタクトが今日届いたので受け取りに行き。



非常に良く見えるようになりました☆(T T)


結局、最初に作ったコンタクトでは度が弱すぎたようです。

う~ん…検査の時は…見えていたはずなんだけれど。。
その時だけ底力が発揮されて、一時的に視力が上がったんだろうか。(*_*;)
検査時には矯正して1.2、見えていたはずなのに、
実際は0.5くらいしか見えてなかったようです。
(ちなみに裸眼の視力は…わかりません; 0.1無いのは確かです。)


なんにせ、これで視界がクリアになったので、
いろんなものが良く見えます。
よかったよかった。
これなら、コンタクトいけそう。




DSC07871.jpg




さて。
その眼科でのひとコマ。

視力検査でCやらなにやらを凝視して、右とか下とかつぶやき終えたあと。
診察を待つのに椅子に座っていたら、
私の隣には、5歳くらいの男の子と彼のお母さんが待っていて。



お母さん
(ちょっと笑いながら)

「あのね、お母さんが見えない時に、教えちゃだめだからね」


男の子
「おしえてないよ」


お母さん
「横で、答え言っちゃだめだよ」


男の子
「いってないよ」







…ははー(´∀`)

どうやら検査を受けているのはお母さんのようですが、
お母さんが視力検査で C の切れ目が見えない時でも、
横で待っている男の子には C の切れ目が見えるので、
お母さんに、「○だよ」と、教えてあげてしまうみたいです。


んー…なんていうか…やさしいなぁ~
と、そのやりとりを盗み聞きして
私は勝手に男の子を非常にかわいらしく思ったのでした。



男の子としては、
答えられないお母さんをかわいそうと思ったのか、
そっと教えてあげていたんでしょうか。

「1+1 は?」
と訊かれたけれど、答えられない友達に
こっそり、
(2だょ)
とかささやくみたいな感じで。



なんか…ほほえましかったな。
(まぁ、視力検査で教えちゃー、検査になりませんけれどね(^^ゞ(笑))

彼とお母さんに幸あれ。







DSC07888.jpg









おまけ。


春休み期間に買っておいた新しい自転車に、今日初めて乗りました。
弟が新しく自転車を買い換えたときに、便乗して私も新しくしました。

DSC07891.jpg


前の自転車は…確か小学3年生の時に買ったはずだから…
もうかれこれ10年近くは乗っていたことになりますねぇ。(しみじみ)

さすがに最近では私に比べて自転車が小さくなってしまったので、
乗るたびにひざが痛くなったりもしてたんですけど。。(p´`;)

あの自転車とは、いろんなとこに一緒に行ったものです。




新しい自転車にはギアが付いているので、
(今はそれがふつうなのかしら(昔の人))
ガチャガチャ回して、合わせるのが楽しいです。
(ペダルすごく軽い…!Σ(゜゜))

ギアチェェーンジッ☆★☆。・*゜

がちゃこん、しゅおおおおお (車輪の音が変わった)


とかひとりでやってて、はい。あほですね。



半ズボンはダンボールからひっぱり出したけど。

夏用のサンダルが見つからないので、後で見つけます。





この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sakuraneko13.blog109.fc2.com/tb.php/664-835835dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。