白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

鹿苑寺 

IMG_1595_20120802103425.jpg


IMG_1568.jpg





IMG_1571.jpg

開門前。9時まであと数分。





IMG_1572.jpg

*クリックで拡大します




IMG_1573.jpg





IMG_1574.jpg





IMG_1575.jpg





IMG_1578.jpg





IMG_1579.jpg





IMG_1580.jpg





IMG_1582_.jpg





IMG_1583.jpg

京都三松のひとつ。

樹齢の割にちいさく見えるのは…もとが盆栽だったからかな…
接触ストレスかかってるのかな…?とちょっと思ってみたり。。






IMG_1585.jpg





IMG_1586.jpg





IMG_1587.jpg





IMG_1588.jpg





IMG_1591.jpg





IMG_1592.jpg





IMG_1593.jpg





IMG_1596.jpg





IMG_1597.jpg





IMG_1598.jpg





IMG_1605.jpg





IMG_1608.jpg





IMG_1609.jpg





IMG_1610.jpg





IMG_1611.jpg





IMG_1613.jpg





IMG_1615.jpg





IMG_1617.jpg

銘菓 金閣




IMG_1619.jpg





IMG_1622.jpg





IMG_1628.jpg





IMG_1635.jpg


ちなみに、お抹茶をいただいた天目茶碗も
「金閣寺天目茶碗」と飾られており、購入できるようになっていました。


白磁天目もあるそうなので…いつかお目にかかりたいものです。





IMG_1638.jpg


2012.7.21 @京都 鹿苑寺 金閣






IMG_1993.jpg

拝観券のお札と、パンフレット。




IMG_1869.jpg

銘菓『金閣』は、千本玉壽軒(せんぼんたまじゅけん)さんが作られている、金閣寺境内のみで販売のお菓子です。
9個入りの大きい箱と、6個入りの小さい箱のふたつが用意されています。

母が好きなお菓子なので、大きい箱を買って帰りました。





IMG_3257.jpg

餡入りの和三盆製糖。

中央に仕込まれた「金閣寺納豆」の塩味が、全体を覆う品のある甘味をひきしめ、
やわらかな中にも凛とした佇まいを思わせます。


見た目の美しさとも相まって、大変味わい深い‘銘菓’です。





~おまけ~


写真を保存しているハードディスクに、前回、金閣に訪れたときの写真が残っていました。


画像 068

2004年。
8年前の写真です。

(自分では5年前くらいの気がしていましたが…時が経つのは早い。。)
記憶にある中で初めて京都に訪れた、高校生の時でした。




画像 072

このときは初代のコンデジでした。




8年前の金閣訪問の写真の中で、茶室とも知らず…撮っていた夕佳亭。
今回初めて見たような気がしていた夕佳亭も、実は以前見ていたんだな…
と思うとちょっと不思議な気持ちです。



目に見えるような大きな変化がない場所に訪れても、
訪れる自分は、その場所の変化よりも早い速度で変化しているのかもしれない。

場所は変わらずとも、見る自分が変わっているのだから…
新しい発見があるのも、うなづける気がします。

こどもの頃に読んだ(眺めた)絵本を、
大人になってから読むと、またちがった印象を受ける、新しい発見がある…
のと似たような感覚を、ふと覚えました。



と言いつつ、その他、
単純に時間がなくてゆっくり見られなかったり、見落としていたり、
知識不足で興味がなく、よく見ていなかったりする部分も多分にありますが(・・;


ともあれ、
行く前には「以前、行った場所だからな…」と、内心ちょっと気乗りしなかったのですが、
一度訪れた場所に改めて訪れるのも、たのしいものだと思いました。




IMG_3260.jpg

左:2004年  右:2012年
ぉゃ、「福寿如意」のことばが増えてます。
高齢社会のあらわれでしょうか。

昔のパンフレットは実家にあるため比較できませんでしたが、
今度、気が向いたら見比べてみようと思います。






trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。