白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

1月の春 



どこかに雨を含んでしっとりとした風が、
淡い晴れと薄ぐもりの空の合間をぬって、
静かに流れ込んできた。

春の香りを帯びて。



2014.1.30 9:07@船橋

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

近き季節 



風の音つよく
陽ざしは春の色に似たり

武蔵につづき相模も 梅のつぼみほころぶ


天高くヘリコプターの音

まどろみの光に
遠いまなざしで もの想ふ




-- 続きを読む --

7年振りの平日 


今日はセンター試験2日目。


風のある、晴れ。
外出はせず、終日部屋にて、明日の準備で机に向かう。
(どうも心上擦り捗らなかったが)


無意識に、昼寝をした。
少し長めの。
ちょうど数学の時間。(センター試験では)


現実の感覚儚く、
夢の中を泳ぐ。
白昼夢と夢の狭間。





昨日、外出をしたのに
センター試験の「セ」の字も耳にしなかった。

事実、池袋で待ち合わせた友人とホットサンドを分かち合い、ニルギリの紅茶にミルクを注いでいる頃には、
信じ難いことに、私自身もそのことをすっかり忘れていたのである。

それをふと思い出し、
それから強く思い及び、こぼれ出しかけた思考を反射的にとどまらせたのは、
友人と別れてからしばらくして、乗り換えの駅のホームを、ひとり歩いている時だった。





渦中から出てみると
世間は静かに流れているのだ
と知った。





とうに昼を過ぎた日暮里駅のホームで、
青い空の中、冬の光と影が、
平日の喧騒から離れた空っぽの空間に、浮かんでいた。









2014.1.19 日 


-- 続きを読む --

富士と星 

IMG_0075.jpg
2013.12.29 @茨城
   
-- 続きを読む --

realistic 

S_1622018.jpg


疑い苦しむ真実よりも

信じて幸ある嘘もある






届けたいこと、遺したいこと 

IMG_7339 - doc小

お久しぶりです。

蓋を開けてみれば、約1年振りの更新です。
半ば意図的に、半ば成り行きで、この場所から離れていました。

度々閉鎖も考えましたが、主旨を変えて、再開することにいたしました。

過去記事を整理する中で、
曲りなりに築かせていただいたこの場所に
遺しておきたい、遺していきたいことがある気がしたからです。


再開にあたり、今後のブログの主旨を示します。

開設当初に定めた、
「書きたいこと」を書き出す場所
ではなく、

今後は、一歩引いて、
「届けたいこと&遺したいこと」を載せていく場所
と改めます。


ブログが、生きる中で変わりゆく自分が綴る生産物であるなら、ブログも変わるはず。
同時に、変わらぬ部分も然り。


一年前に見たカウンターの数字を覚えてはいないけれど、
ここ数日、再開の準備でブログを見に来てみると、カウンターの数字が回っている…
どなたか存じ上げませんが、、訪れてくださっていたことに、深く感謝いたします。


お越しいただき、ありがとうございます。

どうぞ良き年となりますように、お祈り申し上げます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。