白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

なぜ、書くのか。 

なぜ、ブログを書くんだろうか。
少し考え突き詰めていくと、
ブログなんて、書かないですむなら、書かないにこしたことはない。
と、行き着くところは常に変わらない。
ふと思い返して、本棚から取り出してきた文庫本のページを繰ると、

--------------------------------------------------------------

『ふいに吹く風』(南木佳士) 文春文庫

《小説なんか書かないですめばそれにこしたことはない。
この想いだけは小説を書き始めたときから今に至るまで変わらない。》
p.158 「故郷の五月」より

《人が短歌や詩や小説を創るのは、なんとかして自分の感動を他人に
伝えたいと願うからであり、そういう人は基本的に寂しがり屋なのである。
名作と言われる文学作品の中には必ず、人間とは存在することそのものが
寂しいものなのである、という一節が含まれている。》
p.32 「運動会」より


--------------------------------------------------------------

そんなくだりを、再度見つけた。

文庫本最後のページの隅のほうに鉛筆で書かれたメモによると、
どうやら2年前の秋に読んでいたらしい。

ぁぁ、そうか…私の先の言葉は、知らぬうちに根底に沈殿し、
ふと浮かび上がってきたもの…。
そしてその出所は、この本であったのだと。

あるいは、胸のうちに潜めていた想いと呼べぬ想いを
まさしく代弁してくれる文章に触れたがために、
その文字列がより強く印象に刻まれていたものか。

(南木佳士は、高校2年の国語の教科書の小説で出会って以来、
とり憑かれたように、片端から出版されている本を買い集め、
空き時間の中で深く読みふけった、私淑する作家である。)


なるほど…その通りかもしれない。
否、恐らくその通りなのだろう。

南木氏のような格調高い小説の下で私のような小さな者の言葉を
ささやくことは、とてもとても恐れ多い思いがしてしまうのだが、
彼が伝え云わんとされることはそのまま、
ブログというものにも当てはまることなのではないか。
そう思えてならない。

もちろんブログにも様々な目的があり、一概にひとくくりには
まとめることはできないはずである。
しかし、ある種のブログには否めない、その要素が含まれている気がする。
そしてそれは、私自身のブログには確実に当てはまることである。

きっと、ブログも書かないですむならそれにこしたことはないのだろう。
(南木氏ではないが)少なくとも、
自分のそれに対してのこの想いはずっと変わらないように思う。
(「書かないですむにこしたことはない」とはどこか、
ニーチェの云う「生きる意味を考えるなんてことは邪道で、
考えずにすむなら考えないにこしたことはない。」という言葉にも
通ずるような気すらする。)

それでも書いてしまうのである…。
帰着するのは、"寂しがり"の単語なのだろうか。

拒みたくとも、そうでない。と言い切れないのが、かなしいかな。



スポンサーサイト

まこちゃん猫。 

DSC00044 ありがとう…v


遠方の大事なおともだちが、本を贈ってくれました…キラキラ

本と一緒に、葉書とプリクラも…はぁと
とっても…うれしい…(涙)。

早速、常に手元にあるA5サイズの
大事なものファイル(ホームセンターや文具屋さんで売られている
下敷きっぽい硬質のファイル)に、プラスしておきました。


手書きのメッセージも、いただいたのですが、
実は、彼女の肉筆を実際に手元で見るのって…
これが、初めてなんですよね…*

なんか…体温が伝わってくるというか…
とっても、、じ~んとくるものがありました。

なんだろう…。物質的な距離は離れてても、確かに、
伝わるんだね。
不思議で、うれしくて、、。


どうも、ありがとう…ハート

大切にします。






これからも、よろしくね…ダブルハート



ろくしたん。 

1時間ほど前から雨が降り出して、
午後10時48分現在、茨城は大雨です。




先日、横浜に行った日。
初めてロクシタンのお店を見つけました*

DSC09862.jpg


ロクシタン。って今年の4月に、
新聞に載っていた桜の商品の記事を見かけてから、
ひそかにずーーーーーーーーっtぅっと
気になっていたんです。
ひそかに。
かなり。


で、思いがけず、見つけてしまった。と。


友達と一緒に店内うろうろしてましたが、
店員の方が、あれやこれや商品を勧めてくださって、
2人して、いろんなもんを塗りたくっていただいて来ました(笑)。

でも、欲しかった桜シリーズのものだったから
ちょっとうれしかったり。

DSC09863.jpg


平日だったので、
「お仕事お休みですか~?」
と聞かれるも、(ズキ
「ぁ、ぇぇ。。」
と応えておく…(笑)。

〔ぃぃぇ…。ニートですよ…orzzz〕


気を取り直して、ぅぅむ…
普段香水は使わないんですけれども…
こ…これは…
ほしい…。。。。。

実用的なのはコンパクトな筆塗りタイプなのだろうけれど…
ぃゃぃゃ、その…桜が模されたボトルとピンクの液体が
欲しいのですよ…

物欲急上昇中



…店員の方も勧めてがんばっておられまするが、、

ほんとはですね…ほしいんですよ…
もう、ほんと、ほしいんですけど…


今。金欠なんですorzzzzzzzzz


これから…夏期講習費もかさむので。。(涙)
ここで出費するわけにはいかんのですよ↓↓















しかたないので。





チラシと、紙に香りをつけて、
無料でいただけるものをいただいて退散しました。
(これだけでも、もうけもの。)(←貧乏性。というか、貧乏症。)

ほしかったなー。。。






帰宅後、確認したら、
新聞のスクラップがとっておいてありました。

2008年4月?日の読売新聞からです。
*-----------*-------------*------------*------------*

DSC09907-1.jpg

DSC09907.jpg

*-----------*-------------*------------*------------*


cf) @ロクシタン公式サイト ~チェリーブロッサムシリーズ
   http://www.loccitane.co.jp/shop/series/cherry.aspx





いつか手に入れたいです。涙






p.s.
明日は、講習の手続きなどで出かけます。

…ちょっと、いさかいがあって、、親とかなりぎすぎすしてるので
非常に家で過ごしづらいです…@@@@@
でも、しょうがないではないか。。
まぁ…そもそも私が浪人してんのが一番の原因なので何も言えませんが…。

夏期講習費、頼みづらいので…
今のところ、いけるところまで頑張ります。。

ぁぁもうっっっ。
梅雨のせいにしてしまえ。

いらいらなんてしてたまるか!!!!!!(←できてない。)


…偏差値上げりゃ全てがまるくおさまる。はず。
にちがいない。

。。


こんなことでぐじぐじしておれるかっ。ええいもうしらんわ!!!!!
気にしない気にしない。
やるしかない。


もうすぐセンターまで100日台に突入します。…


版画 『いたずらもの』 Fujiko Hemming 

ある日。さんとお約束していた
フジコ・ヘミングさん(ピアニスト)の版画をupします。


『いたずらもの』という題で、愛らしい表情のねこが描かれています。
(フジコさんは、ご自身でもたくさんの猫を(犬も)飼っていらっしゃる
無類の猫好きとしても有名ですね。)

絵の大きさは、額を含めて 縦 38cm × 横 33cm でした。


DSC08085.jpg


DSC08074.jpg

DSC08077.jpg


DSC08082.jpg


DSC08075.jpg

*上のサインと日付は版画の一部ですが、
その下のえんぴつ書きのサインは直筆だそうです。



DSC08079-.jpg

(額の裏に貼ってあるのですが…これは何だろう??なぜここで道真…?)



2000年、東京国際フォーラム(Aホール)で開催された
コンサートの休憩時間に、購入しました。
こちらの絵の他にも、背景に花々を彩った女性の絵などもありました。

チケットが残念ながら見つからず、(いつもチケットは保管しておくのですが…。)
詳しい日時は明らかにできませんでしたが、
(Webで検索をかけてもみましたが…明確な情報は見つかりませんでした。)
見つかったパンフレットから察すると、2000年のコンサートだったようです。

こちらが、その時のパンフレットの一部です。


DSC08088.jpg


DSC08086.jpg

DSC08087-.jpg


彼女特有のカンパネラの音色は、私の内でも共鳴しています。。*


6月7日。桜記念日。(since 2007) 

DSC01646.jpg

2007.7.1 3:44am




本日のタイトルは、いささか奇妙でしょうか。
なぜ、今、桜なのか。
雨薫る梅雨に入りて水無月。
桜はすでに過ぎたものに思えましょう。

桜。
花の桜にあらず。
桜。
猫の桜です。


そうなんです。
一年前の今日。
さくらねこは、" 桜 "に逢いました。
これが…どれほど大きな意味を成すかは
もはや、表せるものとは思えません。

ただ、少なくとも、言えることといえば。
桜のおかげで…さくらねこの寿命は
相当伸びたように思われます。
この表現が過ぎているとは全く感じません。
桜は、さくらねこの拠り所です。






DSC01435.jpg


桜を見つけたのは母でした。
その日たまたま。
普段は殆ど使うことのないコインランドリーを使用する必要性があって、
母はコインランドリーに行きました。
近所にいくつかあるランドリーの中でも、その場所に行ったのは
全く意図したことではなかったそうです。

帰宅した母が私に言った一言。

「仔猫がいた。」


話を聞いているうちに…
なぜか、どうしようもなく気になって。
少しの外出をするのもおっくうなほどだれていた日々にありながら、
それから間もなく、さくらねこは
覚えずコインランドリーに立っていました。


母の言う、白い仔猫の姿は見当たりませんでした。

どこかへ行ってしまったんだろうか。
誰かに連れて行ってもらえたんだろうか。

…残念だけど、大切にされるなら…。


来ては見たものの。
見当たらないので、あきらめかけた時…。

母が呼びかけたら、



ニャャーンニャナャーン

…。


建物裏の
アジサイの葉の奥から出てきたのが。
桜でした。




白くて。ちいさかった。

家には既に猫が2匹います。
昔…さくらねこが小学生の時、仔猫を拾って帰ってきてしまったけれど、
結局、その仔猫を飼うことは、状況的に許されませんでした。

でも今は…
飼おう。

無責任であるけれど…
その猫を見た時点でもう。
さくらねこには迷える余地がありませんでした。


汚れてる。
洗えばいい。
血が付いてる。
ならなおさら。
病気持ってるかも。
獣医さんに行こう。
蚤だらけ。(これは本当に見ないと分からんやばさでした@)
かまわない。





餌代を払ってくれるのは家族。
自分が無責任なのは分かってる。
ただでさえ浪人なんかしてんのに。
…。




だけど
離れたくありませんでした。



それから経緯はあれ、
飼えると決まったわけではなくとも、
"流れ"は確かにありました。


とにもかくにも…蚤がひどすぎるのと、
感染症にかかっている可能性もあるので、
このまま家に連れては帰れない。
(家の猫にうつってしまうから。)
獣医さんへ行こう。


たまたま仕事の休日であった父が、
100円ショップで、白い仔猫を入れるための
簡易のかごを買ってきてくれました。
協力的で、ほんとに優しかったです。感謝。

DSC01436.jpg


これが、桜を撮った最初の写真でした。
(写っている手は父の手です。)

写真では分かりませんが…
このときも。体中蚤が這っていて
こんな小さな体にどれだけ蚤がいるのか。
その時は不思議と恐れの気持ちなんてなかったのだけれど…
今考えると、恐ろしいくらいのひどさでした。

これ以外は物理的に写真を撮っている余裕が無かった
(白猫が暴れたりした)ため、
最初に桜に逢った時の、唯一の写真です。


DSC01438.jpg

DSC01443.jpg


獣医さんに行って。
帰りにホームセンターで必要なものを色々買って。

DSC01445.jpg

DSC01450.jpg

DSC01451.jpg

DSC01459.jpg


…最終的に。
家族の協力のおかげで、
桜を受け入れてもらうことができました。
ほんとうに、ありがたいことでした。


それからの一週間は、蚤退治の薬が効いて蚤が落ち、
他の猫にうつる危険がなくなるまでは外で飼いました。

朝晩、昼と…様子を見に行きました。
蚤の薬の効き目は抜群で、
夜、取り替えた毛布を翌日の朝に取替えに行くと、
毛布は真っ白…。

全部。蚤の卵でした。

もし…あれが全部孵っていたなら…。。。。。
野良猫の寿命の短さを目の当たりにしたような気がしました。



しかし、野良猫の中に
人間が見てかわいそうだと感じる野良猫が
いくらたくさんいても。
私は全てをどうにかすることはできない。

それに。
今回の白い仔猫にしたって。
きっと。白い仔猫への同情がないことはなくても
自分の気紛れが多分にあることも自覚する。

それを思えばどこまでもキリのないことだけれど。

ただ、せめても今後この猫のことは、おろそかにすることだけはしたくない。




それから、
桜との毎日が。だんだんと、日常に馴染んでゆきました。


DSC01461.jpg

DSC01465.jpg

DSC01466.jpg

DSC01467.jpg

DSC01471.jpg

DSC01472.jpg

DSC01479.jpg

DSC01503.jpg

DSC01504.jpg

DSC01546.jpg

DSC01567.jpg

DSC01578.jpg

DSC01600.jpg

DSC01607.jpg




DSC01623.jpg

お腹に寄生虫も居ましたが、
獣医さんにお世話になって、今ではきれいにいなくなりました。
(夜行性で夜中に活動する虫だったのですが、
最初にあれを見つけて、獣医さんに確認していただくために採取したときは、
なんじゃこりゃ…と思いました…(笑)。)
あれだけ蚤が寄生してたら、体内にだって
虫くらいいるだろうとは覚悟してましたが、
実際に見つかると、やっぱり、心配しましたね。




DSC01630.jpg

DSC01634.jpg

DSC01643.jpg

なぜか自分から中に入っていってしまう。
(ぬいぐるみ、自分で買わずともいただいたりして、
いっぱいになっちゃってます。笑)

DSC01665.jpg

DSC01672.jpg

なぜかヤックル(違)には対抗心を燃やす桜。
尻尾が…w

DSC01687.jpg

DSC01689.jpg

DSC01690.jpg

DSC01711.jpg

DSC05875.jpg

今まで、猫に首輪を付けたことは無かったんですが…
(苦しいかな…と思って。。)
脱走するので、首輪を付けることにしました。
嫌がるかな…?と思ったものの、杞憂でした。
意外と、特に嫌がることも無くてよかったです。

DSC05880.jpg

DSC05897.jpg

桜の首輪(桜色)と色違いの白い首輪は、
さくらねこの鞄に付けてます。(笑)
(これが結構、みんな、猫の首輪とは思わないようです。)


DSC06218.jpg

夜、脱走して帰れなくなることがあって。
状況的にやむを得ず、今年の3月初めには避妊手術をしました。
腹部の縫い糸の抜糸まで、洋服(違)を着てました。

DSC06231.jpg

タートルネックっぽかったね。

DSC06244.jpg

DSC06459.jpg

血液検査の採血のために、右前脚の毛が凹みました。(笑)
(今ではすっかり戻っちゃいました。)

DSC06605.jpg



DSC09066.jpg

避妊するとホルモンの関係で、満腹感を感じなくなってしまうそうで、
桜も以前より食べ過ぎてしまい…最近はメタボになりつつあります@
餌の量を制限しても、他の猫の食べ残しがあると食べてしまい、困ってます。。

メタボキャットになっても桜は桜だけど、
体調には気をつけないとね。


こんなにおおきくなりました。



!cid_01@080607_003804@_____F703i@docomo_ne.jpg

!cid_01@080607_003952@_____F703i@docomo_ne.jpg

!cid_01@080607_004148@_____F703i@docomo_ne.jpg

!cid_02@080607_003817@_____F703i@docomo_ne.jpg

!cid_02@080607_004003@_____F703i@docomo_ne.jpg

!cid_03@080607_003827@_____F703i@docomo_ne.jpg

!cid_03@080607_004017@_____F703i@docomo_ne.jpg

!cid_04@080607_003837@_____F703i@docomo_ne.jpg

!cid_04@080607_004030@_____F703i@docomo_ne.jpg





ちょうど桜と逢って。一年経ったんだね。
当の本猫はといえば…そんなこと全く意に介してないみたいですけど。(笑)
記念日、なんて概念は、人間にしかないのかな。
人間の、時間に対する感覚って…人間特有のものなのかな?





この先。ずっと一緒にはいられないかもしれないけれど…。
こうして、今、一緒にいられることを、ほんとに幸せに思うよ。
逢えてよかった、って、。

私は幸せです。
桜は…?

桜が、幸せに感じてくれてたら…
それ以上うれしいことはないかな。



DSC08050.jpg


いつもありがとう。

これからも…よろしく*












おまけ。

ちなみに。さくらねこ、って名前は、
桜にちなんで付けられてるように見えますけど、実は
桜と逢うよりも先にあったんです。

桜、の名前の由来は、推定4月生まれだから。
(といいつつ、私の趣味が殆どを占めます。)
6月に拾った時点で、獣医さんによると生後2ヶ月くらいだったそうです。

ふしぎなもんです。
さくらねこ、が生まれて。それから数ヵ月後…桜と逢うことになるなんて。

ホント。先なんてどうなるかわからんもんですね。

変わりもん 

インスピレーションを受けて、少し考えました。








変わってることって、いけないことかな。
変わってることって、直せることかな。
変わってることって、そもそも
直す必要のあることなのかな?

何より。
変わってる。
って、一体。どういうことなんだろう。
普通と違うこと。
では、普通。って、一体。何を示しているんだろう。
ひろく一般のこと。
一般って?
大多数に共通であること。

んー、共通であることね…。


じゃあ、変わってるってことは、
"変わっている"それ、と、
それ以外の"普通のもの"との間に
共通点が少ない、或いは無い、ってことになるのかな?




では突然ですが、

  B(x)

があるとします。
(定義域(xの取りうる値の範囲)はとりあえず無視します。)
そして、ここに

   x = Aさん

を代入すると、

  B(Aさん) = ☆  …①

になるとします。


もひとつ同様に。今度は、

  C(x) をおいて

x = Aさん を代入すると、

  C(Aさん) = ★  …②

になるとします。

今、代入したのは、どちらも同じ Aさん です。
ただ、代入する場所に B(x)、 C(x) という違いがあったため、
同じ Aさん なのに、☆となり、★となりました。

このとき。B(x)のことをBさん。C(x)のことをCさん。
と見立ててみたら。

①は、Bさんから見たAさん = ☆

②は、Cさんから見たAさん = ★

とも、見られるんじゃないでしょうか。


ということは…。Aさんという人が一人であっても。
関わる人(BさんやCさん)によって、
Aさんは、☆にも、★にもなり得る。

もちろん、Bさんにも、Cさんにも、
Aさんに対して共通する印象というものは、あるでしょう。
(式で表すなら、
例:B(A1) = C(A1) 
⇒ x=A1 におけるB(x)とC(x)の交点。
※A1 はAが取りうる値のひとつ。)

しかし、Bさん≠Cさん なので、
Aさんに対する全ての印象が、どこまでも、
BさんとCさんとで一致するとは思えません。
なので、大きく見て、Bさんから見たAさんと
Cさんから見たAさんは、異なる。とします。

すると、さらにAさんは
Dさんと関われば◎になるかもしれないし、
Eさんと関われば□になるかもしれません。

こうして、
関わる人の数だけ、Aさんは形を変えるのかもしれません。
たとえAさん自身に、自分で変化しようという意思がなくても。

だとしたら。
仮に、Aさんが自己変革を行い、aさんになったとしても。
人と関わることにおいて、
Aさんが常に一つの形(☆や★)であることはできないように、
aさんであっても、一つの形であることはできないはずです。


そうであるなら…。

Aさんが、人から☆ではなく、★として認識されたい
がために、aさんになろうと思ったとします。
そして、Aさんは aさんになってうまい具合に、

 B(a) = ★

という式ができたとします。

しかし。Cさんにおいては、
今まで C(A)=★ であったのに、
Aさんがaさんになった途端、

 C(a) = ☆ 

になってしまったのです。 

言うまでもなく、aさんには、
Cさんのaさんに対する見方をどうすることもできません。

aさんは、結局。
Aさんであっても、aさんであっても、
人と関わる時において、
★であり続けることはできませんでした。



以上。
強引ですが…こうして表すこともできるように、
〔人から見た自分〕なんてものは、
自分ではどうにもできないんじゃないでしょうか。

『他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる』
という有名な言葉がありますが、これにのっとり
他人から見た自分を変えようとして、
「変えることのできない他人」は無視し、
「変えることのできる自分」を変えたとします。
でも、自分を変えても。
変わった自分を見る他人のことを、
自分が変えることはできません。
自分が変わったことで、
他人の認識する自分が以前と変わったとしても。
それは、自分が他人を変えたわけではなくて、
最終的には他人が他人自身の中で他人自身のことを
変えたに過ぎません。

自分を変えても、最終的な部分で他人を
変えることはできないはずです。



なら…。たとえば。

もし。自分が変わっている者であるとして。

ふつうになりたい。

変わっているところを直したい
(直す必要がないとしても)

と思っているとしたとき。

自分を変えても。

他人にどう見られるか。
を気にして、自分を変えていくのであれば、
それは…

キリがないのではないでしょうか。

そうすることを、私は
よいとも、わるいとも、思いません。
場合により、そうすることが
よいときも、わるいときも、どちらでもないときも
あるかもしれません。

ただ、それよりも思うことは。
変える必要が、本当にあるのか、
それとも、ないのか。
ということ。


今の、自分の性格なり、性質なりを。
(変えられる変えられないは置いておき。)

自分では変えなくちゃいけないと思っていても。

もしかしたら、変える必要なんてないのかもしれません。

(また場合により、変えるべきものは
行動だけでいいこともあるかもしれません。)


変わっているからいけない
とは、私は思わないです。
(常識的に考えて、人に迷惑をかけるようなことは
いけないですが…。)

たしかに…
変わってて困ることはあるかもしれません。
だけど、
変わってていけない、なんてことは、ないんじゃないかな。

基準なんて、それは揺ぎ無いものであるはずがなくて。
あたりまえだけど、
Aが基準のとき、
A=普通 B=変
なら、Bを基準にすれば
A=変 B=普通
になっちゃう。

凹へっこみは裏から見れば凸でっぱりで、
短所は長所で、それが個性。なんてのもよく聞きます。

変わってたって、いいんじゃないかな。
それがありのままなら。そのままで。
今までの中で作られた自分も。
今は、それが自分だから。
それに…きっと、これからどうにだってできる。


と言いつつ。私自身、変な子で、
直さなきゃいけないとこはいっぱいありすぎですけども。

そのまんまでいいべー

って、開き直ってるとこもいっぱいあります。
変でも。そのまんまでかまわないとこって、あると思います。


大事なのは、
他人から見た自分がどうであるかよりも、
自分から見た自分がどうであるか
なんじゃないかな。






p.s.
今の私は、自分から見た自分も
だめだめなので、精進せねばですが。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。