白桜だより

届けたいこと、遺したいこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

墓前に添える花や線香 



著:宮下規久朗『美術の誘惑』光文社新書

S__55353346.jpg

数年前に三菱一号間美術館で観た、大好きなシャルダンの作品《木苺の籠》の帯に惹かれて購入。
私が美術館に赴く想いが、そのまま明文化されてありました。
深い悲しみの中で筆をとられた著者の想いは…計り知れないものがあります。
生涯手元に置きたい一冊が増えました。

美術への興味の有無に関わらず、おすすめです。オールカラー版。

個人的に好きな章が、

第1話 亡き子を描く
第8話 食の情景
第10話 巨大なスケール
第21話 日本の夜景画
第25話 白い蝶
エピローグ 美術の誘惑


以下、本文より一部引用。

▼「第13話 釜ヶ崎の表現意欲」より

「何かを表現しているかぎり、人は人であり続ける。生きるか死ぬかの瀬戸際になっても、表現することで自分を保つことのできる人が大勢いることが感じられ、美術という営みの根源にふれた想いがした」

▼「エピローグ」より

「美術作品も人と同じく一期一会で、出会う時期というものがあるにちがいない。私が病気の娘を案じている時に出会ったシャルダンも、娘を供養すべく東北に見に行った絵額も、娘の死後の絶望の中で見入った中国の山水画も、みな出会うべき時に出会ったのだと思っている。それらは、二度と同じ心境では見ることができないものだ。

私はどんな作品も美術館も、これで見納めだと思って見ている。後に思い出せないような作品はすべて忘れてもよいのだ。人でも作品でも、自分にとって本当に大事なものはつねに心に生起し続け、いつまでも生きているはずである。

美術はあらゆる宗教と同じく、絶望の底から人を救い上げるほどの力はなく、大きな悲嘆や苦悩の前ではまったく無力だ。しかし、墓前に備える花や線香くらいの機能は持っているのだろう。とくに必要ではないし、ほとんど頼りにはならないが、ときにありがたく、気分を鎮めてくれる。そして出会う時期によっては多少の意味を持ち、心の明暗に寄り添ってくれるのである」



スポンサーサイト

るろうに剣心 伝説の最期編 

S__25468933.jpg


約10年前に原作漫画を貸してくれた友人と観て参りました。
映画三部作観了です。
当時、このような形で10年後に実写映画を観ることができるとは夢にも思いませんでした。





肉体的極限のアクションの先にあるドキュメンタリーさながらのカタルシス。

「人はどこまで強く、優しくなれるのか」
「哀しみの果てにある人間の優しさの究極」
(大友啓史監督)

心の機微と深みを突き詰めた精神性…

またひとつ、しみじみと心に刻み込まれる、日本が誇れる名作を観ることができました。
素晴しい作品を造り上げてくださった作品関係者の方々に心から感謝いたします。

そして知るきっかけをくれ、今も変わらず仲良くしてくれている友人に、ありがとう。



S__25468934.jpg

映画後の夕飯は、和食が食べたいねと。(最近栄養不足の2人)
黒龍 九頭龍
(選んだ理由は、原作に九頭龍閃という技が出てくるからです。笑)
ぬる燗推奨と書いてあったのに、すっかり頼むのを忘れました。
でもグラスを通して綺麗な透明を見ることができたので、よしとします。
-- 続きを読む --

医は仁術展 

1063345754180.jpg

国立科学博物館の「医は仁術展」に行きました。

公式サイト
http://ihajin.jp/

-- 続きを読む --

猫侍 ねこざむらい 



※ 明日から2月中はしばらく予定が立て込むため、更新やコメントが滞ると思います。
  恐れ入ります。
  またおちついたら戻ってまいります。
  写真など、ささやかな更新はすると思います。

  お越しいただき、ありがとうございます。         さくらねこ





この機逃していつ書くか…ということで、
今書いておかないと書きそびれてしまいそうなので書いておきます。


大好きでたまらないドラマの紹介です。

「猫侍」ねこざむらい

◆連続テレビドラマ「猫侍」公式サイト
 http://nekozamurai.info/tv/

昨年2013年10月から放送された全12話のドラマ。(1話30分)
本日、2月5日(水)ドラマDVD発売&レンタル開始。

そして、3月1日から劇場版が公開されます。
(下は劇場版のポスター)

◆映画とドラマ「猫侍」公式サイト
http://nekozamurai.info/index.html

1531566_482549208523156_605789132_n - コピー


TVで放送していたのを、たまたま目撃したのがきっかけでした。

-- 続きを読む --

Chardin 

DSC05563.jpg

楽しみにしていたChardin展

-- 続きを読む --

ネイチャー・センス展 

『ネイチャー・センス展』
吉岡徳仁、篠田太郎、栗林隆

日本の自然知覚力を考える3人のインスタレーション

森美術館
2010年11月7日迄





「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止2.1日本」ライセンス

以下、このエントリ内の写真は
「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・改変禁止2.1日本」ライセンスでライセンスされています。







【吉岡徳仁】







IMG_1072.jpg
吉岡徳仁 『スノー』 2010 フェザー



-- 続きを読む --
trackback: -- | comment: -- | edit

孤高のメス 




@丸の内TOEI  8月6日迄 

公式サイト
http://www.kokouno-mes.com/



-- 続きを読む --
trackback: -- | comment: -- | edit

じゃがいもの芽の毒 

    
    今、この瞬間は

    いろんな現実から目を背けた上に成り立っている。

    それでもあたしたちは、この一瞬を、限られた人生を、

    どこかに向かって進まなくちゃならない


                               映画 『ソラニン』 より




DSC00662.jpg



7日に、観てきました。



-- 続きを読む --
trackback: -- | comment: -- | edit

命の認識展 


命


夥しい数の命



【注意】 
骨などが苦手な方は、以下の開封にご注意下さい。

※撮影許可の展覧会のため、写真に収めております。


-- 続きを読む --
trackback: -- | comment: -- | edit

行きたかった(号泣 

「医学と芸術展」@森美術館 

医学と芸術展

     cf. ブログ『弐代目・青い日記帳』さんのエントリ 
       http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1956

そんな展覧会の存在を今日初めて知って、そして2月28日までだったことを知って
叫びたいくらい激烈にショックを受けました。゚(゚´Д`゚)゚。
悶絶。。。。。
巡回するならどんなに遠くても足を延ばしたのに…

まさに視野狭窄の自業自得。
アンテナ張りを怠ったがために観たいものを見逃し。
常々、活動できる身軽さと柔軟性と情報収集を忘れちゃいけないと。
行く気になれば十分行けただけに、心臓がぺしゃんこです。ショックです。

でも、もう終わっちゃったから仕方ない。

図録も会期中に売り切れるという人気だったそうですが、
中古でも欲しい!と検索かけたら、
なんとか新品、定価の在庫が残っているのを発見し、即注文してしまいました。

本物、生で見なきゃ感じるものも感じられないけど…涙
図録がせめてもの救い…きっと宝物になるでしょう。
届くのが楽しみ。

生きているうちに、またこのような展覧会にお目にかかれることを願って。。



それにしても、なんとなく森美術館には
心臓を抉られるような衝撃を感じる、リアルな展覧会が多い気がします。

初めて森美術館に訪れた2008年のアネット・メサジェ展では、
氷の塊で背骨の髄を逆撫でされるようなものを感じ
恐ろしさと同時に、無性に惹かれるものを覚えました。

いやむしろ、理不尽な黒い夢を見ているような怖さに纏われて
できれば逃げ出してしまいたい恐ろしさを感じたのですが、
それでも凝視せずにはいられないような矛盾。

あの言い様の無いオソロシサ(と涙にじむ感動)はなかなか感じることがないです。

trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。